▲ページTOPへ

ペット火葬車を北海道~沖縄まで全国へ販売中!ペット火葬炉専門会社「うたたねグループ」へお任せください!

ペット火葬車を北海道~沖縄まで全国へ販売中!ペット火葬炉専門会社「うたたねグループ」へお任せください!

高性能火葬炉販売専門店ペット火葬車販売うたたね 関東 千葉営業所 関西 和歌山営業所

新着情報

日本と海外のペット火葬の比較をYoutubeからレビュー

日本と海外のペット葬儀を比較

皆さん今日はペット葬儀うたたねの濱田です。

ペット葬祭業界において日本のペット葬儀に関する内容については皆さんもご存知だと思われますが、今回は海外のペット葬儀事情としてアメリカのペット葬儀やペット火葬について話をしたいと思います。日本のペット葬儀社やペット霊園にもよくあるような謳い文句で、「ペットは家族の一員です」という言葉については海外のペット事情においてもよく使われているようです。アメリカのとあるペット葬儀についての情報を抜粋させていただきます。まず初めに、亡くなったペットは庭に土葬するのではなく、火葬をお勧めしますという内容です。

ペット葬儀うたたねチャンネルはこちら

火葬出来るペットの種類

実際に火葬をできるペットの種類について説明をしています。犬や猫捕りウサギハムスター猿のようなエキゾチックアニマルなどの全てのペットをにおいて火葬が可能であるという内容が書かれています。

ペットを自宅の庭に土葬するか、または火葬するかの選択

内容としましては塩屋能力及びペットの火葬場近くで利用できるかをよく考慮する必要があります。 ペットを自宅の庭に火葬することは必ずしも現実的ではありません。ペットを同送する場合には少なくとも90cm~150cmの深さに掘る必要があるからです。ガス管や水道管についての理由もありますし、ペットの埋葬を禁止している地域もあるからです。冬にペットを土葬する事が出来ない事と引っ越した場合に、お骨をどうするかについて考える必要があります。

・それらの理由から最近ではアメリカでもペットを火葬する事が普通になってきているようです。 ただしアメリカはとても大きな国です。全ての州や地域に対してこの事が一般化しているかどうかは定かではありません。

アメリカでの固定炉によるペット葬儀プラン

合同火葬、ある意味共同火葬とも呼ばれているようです。

日本の合同火葬と同じように、この場合は他のペットと一緒に火葬がされます。

プライベートセレモニー

ペットは個別で加藤紗里お骨を実際に受け入れる事が出来ます。

日本では個別ペット火葬と呼ばれていますね。

ペット葬儀の価格

合同火葬の場合には7000円~8000円程度のようです。

個別ペット火葬の場合は25,000円~30000万円程度のようです。

ペットの大きさによっても異なってくるとは思われますが、意外と日本のペット葬儀と大差が無いように思われます。

ペット火葬の手順

通常ペットのご遺体は約1400°~1800°の強い炎で火葬されます。 所要時間は動物の大きさによっても異なりますが約2時間程度です。

・ペットを火葬する時の温度としては日本の移動火葬車と比べるとかなり高いように思われます。 通常は日本のペット火葬炉ですと、猫や小型犬で400°~500° 、中型犬で500°~700°程度、20 kg 以上の大型犬で 600°から900°位ですね。この程度の温度で火葬した場合には、お骨がキレイに残ります。恐らく日本のようにお骨の形綺麗に残す必要がなく、粉骨パウダー加工を前提としているので、温度調整があまり関係ないのかもしれません。

火葬後のペットのお骨に金属が含まれていないかどうかを確認し、金属を見つけた場合には取り除きます。 火葬後のお骨については最後に粉骨パウダー加工を行います。

・日本の場合にはペットの火葬前に金属が含まれていないかどうかは確認し仮に仮装した後に金属を見つけた場合にはお客様に確認して、一緒に骨壺に納める場合が経験上が多かったです。しかし最後に粉骨パウダー加工する場合には金属を一切入れないように注意を払う必要があります。

アメリカでのペット火葬施設の見つけ方

多くの都市には動物病院と提携しているペット火葬施設があります。

・日本でもペット霊園や動物病院が提携している場合がありますが、アメリカでも同じのようです。

ペットの安楽死

在宅安楽死の選択としては、有資格を持つで順位が自宅に訪問し安楽死を執り行う事例があります。ペットの火葬については後からツボにお骨をパウダーとして納めた状態で返送してもらうことが可能です。

・日本でも郵送によるペットの粉骨サービスがございますが、アメリカでも同じようなサービスが存在するようです。

ペットの供養方法として散骨

ペットはよく散歩していた場所ハイキングや水泳またはアウトドアなどの場所にお骨を散骨すると良いでしょう。

・日本と同じような散骨もあるようです。

ペットの骨壷

お骨を保管する最も一般的な方法は、家に保管するペットの骨ツボです。色々な種類がありますが、骨壺の外側に写真やタグを装飾できます。

・日本の骨壺にかぶせる覆い袋ではなく、骨壷自体がすでに装飾を施すようです。

火葬後のお骨を保管するジュエリー

ペットのお骨を入れるカプセルやガラス状にするアクセサリーなどが存在するようです。

火葬済のお骨アート

ペットのお骨をガラスアートに変えて家に飾ったりする事も出来るそうです。

記念の森

記念の森はペットの命を称える環境に優しい方法です。保護された森の記念の家の下にペットのお骨を納める方法があります。

・日本でいわれている樹木葬または合同供養塔のような意味を持っており、個別のお墓としても、一つの木の下にペットのお骨を埋葬する方法だと思われます。

今回はアメリカのペット葬儀の方法について解説をさせて頂きました。