▲ページTOPへ

ペット火葬車を北海道~沖縄まで全国へ販売中!ペット火葬炉専門会社「うたたねグループ」へお任せください!

ペット火葬車を北海道~沖縄まで全国へ販売中!ペット火葬炉専門会社「うたたねグループ」へお任せください!

高性能火葬炉販売専門店ペット火葬車販売うたたね 関東 千葉営業所 関西 和歌山営業所

新着情報

ペット火葬車を見た海外の反応!世界のペット火葬炉を紹介

世界のペット火葬炉

皆さんこんにちはペット火葬車販売うたたねの濱田と申します。

火葬場における人の火葬炉は昔から多くの人に知られていると思われますが、ペットの為の火葬炉というものが現在は多く存在します。

ペット葬儀Youtubeはこちら

世界のペット火葬炉

今回は世界のペット火葬炉を中心に話をしたいと思います。
日本の移動ペット火葬車に使われる軽量化されたペット火葬炉やペットの火葬施設なのになどに使われる固定炉などについてはある程度ご存知かと思いますが、世界のペット火葬炉について知らない事は多いと思われます。日本で世界のペット火葬炉についての情報発信については、日本のホームページでもほぼ見たことがありません。今回は世界のペット火葬炉についてお話をしたいと思います。

移動ペット火葬車

日本ではペット火葬炉を搭載した特別な車両であるペット火葬車があります。世界に日本のような移動式ペット火葬車があるかどうかについてですか、恐らくほぼ無いと思われます。
中国では移動ペット火葬車があるのを確認した事があります。 しかし火葬炉内部にはレンガを使ったとても重量のある作りで、大型バンをベース車両として、積み込むような火葬炉となっています。軽量化された日本の高性能ペット火葬炉とは雲泥の差であるように思われます。重量がかなり重いという事ですね。また、それ程これらの車両多くはないと思われますが、ピザ窯に似たような火葬炉になります。 日本のペット火葬炉においては軽自動車にも積み込みができるほど軽量化されています。つまり訪問ペット葬儀が容易な移動ペット火葬車は恐らく日本だけだと思われます。 それだけ日本製の軽量化されたペット火葬炉はとてもクオリティの高い作りとなっています。

固定ペット火葬炉

実際にいくつかの国で固定炉によるペット火葬炉が存在します。 依然として、ペットのお骨をを残す為の火葬炉ではなく、ペットの焼却を目的としている物が多くあります。小動物や犬や猫そして家畜などを単純に焼却する為の焼却炉、そしてペット葬儀を目的とした火葬炉があります。日本以外の世界に存在するペット火葬炉はとても大型の物が多くあります。ペット火葬炉の用途は元々ペット葬儀の為だけではなく病院、農場などの大量の動物遺体を火葬する目的のようです。

ペット火葬炉の外部温度

多くの方々からよく聞かれるのが車の中にペット火葬炉を積み込んであるのを見て、ペット火葬炉が熱くなり車両自体が高温になったりはしないのかという質問があります。 移動ペット火葬車用の火葬炉においてはそのような部分を考慮してあるので、短時間で多くのペットを火葬しても、火葬炉のクールダウン時間があるので、あまり熱くならない仕様になっています。車両においても熱による支障はありません。火葬炉の構造はとても高性能な仕様となっています。

ペット火葬炉について海外の反応

今まで私は実際に多くの外国人の方達に、ペットが亡くなった後にどうするかについて聞いてきました。アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スウェーデン、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ジョージア、スペイン、スイスなどの彼らに質問をしてきました。その答えは専門のペットの火葬施設に持ち込むか、もしくは土葬するのが正しいということでした。魚においては火葬はせず、小さな熱帯であればトイレに流してしまうのが普通であるという回答が多くありました。それぞれの国によって考え方や習慣がかなり日本とは違うという事ですね。 以前の動画でもお話ししましたが、国によってペットのお骨を自宅に保管する習慣というのは、ほぼ無いという事です。弊社のペット火葬炉を多くの外国人の彼らに実際に見せてきました。 このようなものは彼らの母国には存在しない為、とても驚いていていました。

ペット火葬炉について映画撮影

他のヨーロッパなどの外国において日本のペット火葬炉について関心を持ってるケースが多くあります。 特にメディア関係者や映画制作関係者の方などに撮影をさせてほしいという話が何度かありました。 弊社ではドキュメンタリー映画の政策の一環として2度撮影をした経験があります。 少し前にフランスのドキュメンタリー映画の制作会社と日本の映像制作会社においてドキュメンタリー映画の撮影を行いました。 日本のペット火葬炉について外国の映像制作関係者は特に興味を持っているようです。それだけ海外ではペット火葬炉は車両についている特殊車両というものがとても珍しいのだと思われます。